雪解けのような私の決心

年中行事のお片付け、やってもやっても暮らすうちになんだかなあとなるのはなぜか?

解決策の答えは、、物の数を減らしましょう……はいはい、存じております、わかってますとも。だからせっせと整理整頓に励みます。

昨年からの懸念事項は、布!
気に入って買ったはずなのに、月日のたつうちになんだかよく見えなくなる布がある。加えて端切れのいくつかも見直してと………。
今年は買わないで在庫を減らそう、と決意した1月。

そして2月。あるお店から届いたハガキに、セールのお知らせ。
ちょっと、ちよーっと見てみよう……***

b0355152_10563361.jpg
ほら、これだ、私の決意なぞ、美しい布の前にするする溶けてあとかたもなく……。

インテリアファブリックの端切れが色別にセットになっていて、サンプル用のブレードやタッセルもついている。(きゃー素敵😂💕)

b0355152_11014839.jpg
こんな布の風合いや色合い、大好きなのばかり。

b0355152_11032112.jpg
タッセルやビーズの色合いの素敵なことといったら。
とても正規品は買えないけれど、ほんの少しでも手元におけてうっとりです。

b0355152_11053660.jpg
フランスのクラシックな模様も素敵。全てインテリア用なので布はしっかりしていてバックやポーチによさそう。

b0355152_11075096.jpg
迷って最後に手にした鮮やかなピンクのセット。
夏に良さそうだなあと思いました。これら4つのセット(半額)に、アイアンのかごとラックを破格の値段(80%オフ)で買いました。

2月にしてこのお買い物……。私の決意なんてこんなものね。
でもこんな好みの布を前に素通りなんて、できないっ。

極力、極力、買わないように心がけて、在庫消費にはげむ、、のがこれからの心がけ。

[PR]
by AssortCloth723 | 2018-02-08 09:38 | 布買い物 | Comments(0)

再びやってきた小さな命

b0355152_11225934.jpg
白文鳥です。生後43日くらい。

名前は小白、コハクです。

去年、生後三週間の白文鳥の雛を育てはじめました。
次男が飼いたくて、自分で色々調べて、白文鳥を飼いたいといったときは正直困りました。
私は鳥が大嫌い。

b0355152_11294250.jpg
(ペットショップからやってきた日。こたつにおいて、ケースを専用ヒーターで暖めて移しました)


私の嫌いで飼わないのは次男の気持ちを無下にしてしまうようで悪いので飼うことにしたのです。

b0355152_11514693.jpg
小松菜を与え始めたころ、小さなヨーグルトの空き瓶に入れてかごにいれました。

ある日買い物している私に次男からの電話。
「コハク死んでる」
!?なんで!

次男が帰宅してコハクと呼びかけても反応がなく、いないなとよくみたら、ビンに頭を入れて動かなかったそうです。
遊んで頭をビンに入れてしまい、抜けなくなったのです。

ごめんね、ごめんね、と何度も謝りました。
次男にも、今日ビンをいれなければ良かった、本当にごめんねと謝りました。
次男は、大丈夫、といいましたがそのまま四時間布団にもぐり出てきませんでした。

私のメガネのツルをカジカジして、餌を与えるときは鳥かごの出口に待っていました。可愛かった。

もう文鳥はかわない、と次男はいいました。

しばらくして、やっぱり白文鳥を飼う、と言ってきたので、時期をみて先日ペットショップに。孵化する時期があり、いついってもいるわけではないのですが、幸い、一匹いました。

そうしてやってきた同じ白文鳥。名前も同じコハクと決めたのは次男です。
もう私の手のひらから餌をついばみます。

寒いと本当に良くないので早く暖かい季節にならないかなあと思います。毎朝元気?とドキドキしながら鳥かごをのぞきこんでいます。

[PR]
by AssortCloth723 | 2018-02-03 11:22 | 出来事 | Comments(0)