山葡萄のかごバッグの内布を作る

b0355152_21030567.jpg
友達のお母様所有の素敵な山葡萄のかごバッグ。
昨年の(!)冬に、暖かくなる頃でいいから、とゆとりある依頼がきました(ありがたや)。 もたもたしてたら最近めっきり暖かくなりました。(きゃー大変💦) 着なくなった着物が一緒にきて、この着物を使って内布を作ってほしいとの事でした。

さて、この内布。ただ巾着形に作れば簡単ですが、かごバッグ全般に共通のちょっとした悩みで(私だけ?)、くたくたの巾着は使いずらいんです。
バッグ用の底板シートがあったので、外側は着物、内側は綿の和風のむら染め布にして間にシートをはさみました。

b0355152_21155445.jpg
かごの内寸をはかり、一辺マイナス1㎝の大きさで型紙を作り、一度違う布でサンプルを作りました。

このかごバッグは底から上に向かって脇側は少し細くなってます。
シートも上部を少しけずり四面がはまるよう微調整します。
底板は別に作り、出来上がったら最後に入れます。

b0355152_21210041.jpg
ちゃんと内布だけで自立。

b0355152_21214986.jpg
かごに入れます。


b0355152_21225839.jpg
紐を通します。ストックしてる紐が暗めの色しかなくて、明るめの黄色系が映えそうだなと思ったけれど、紐は変えられるので、このままお渡ししました。
とても喜んでいた、と友達から連絡がありほっ…としました。



[PR]
by AssortCloth723 | 2017-05-17 21:00 | 和布の手作り | Comments(0)