初めての柿渋染めのかご

b0355152_23021488.jpg
小さな竹で編まれたかごに、柿渋染めをしてみました。
教えてくれる講座に三回通って仕上げました。
子供向けとみえる玩具柄が、大人用の着物に仕立てられた古着を利用しました。


b0355152_23072388.jpg
でんでん太鼓の模様もあります。
紺色の和紙で縁をまとめました。

b0355152_23092389.jpg
脇側には着物の袖を使いました。袖には違う柄がついていて、一枚で2つの模様が楽しめて、お得な古着でした。

b0355152_23121463.jpg
底にも模様の違う部分を使いました。

b0355152_23130383.jpg
中はちょっと失敗。まんべんなく木工用ボンドがぬられてなかったみたいで(たくさん木工用ボンドを塗ります)柿渋が染みこみ、むらになってしまいました。

b0355152_23150346.jpg
お彼岸の入りです。今朝は早めにお墓掃除にいき、帰りに敷地の木から落ちた秋の実(どんぐり?)を拾ってきました。
先日、骨董市で安く求めた犬山焼きに飾りました。
敷物はずっと前に作った、古布と柿渋染めの布とのリバーシブル。

b0355152_23192921.jpg
藍染めの古布の大きさを目一杯使って作りました。
柿渋染めの両脇は茶のストライプをあわせてアクセントに。
両面とも、犬山焼きと合うなーと自画自賛(^^)v

和の手作りも大好きなので、少しずつ増やして楽しみたいなあとおもいます。

[PR]
by AssortCloth723 | 2017-09-20 23:00 | ハンドメイド | Comments(0)